クラリネットキャンディ

クラリネット吹きsachiによるクラリネットが好きな人のためのサイト

«
»

薪能に行ってきました

今日は友人のお誘いで、薪能を観覧しに行ってきました。
しかし外はあいにくの曇り空。雨が降らなければいいなと思いつつ、席は橋懸かりの前でとてもよい席。
わくわくしながら待っていると、何やら空からぽつぽつと落ちてくるものが。

丁度舞台では最初の番組の「清経」が舞われているところでした。
シテをつとめられていた能楽師は、ご存知の方も多いかとおもわれますが、マンガ「花よりも花のごとく」で監修をされている観世銕之丞氏です。
私が語るまでもなく、素晴らしい能楽師でいらっしゃるのに、雨のせいでまわりはざわざわ。
眼の前の傘が気になったりして舞台に集中できなかったのは、返す返すも残念でなりませんでした。
そのうち雨は上がり、新作能と狂言は楽しめました。
狂言では野村萬斎氏が棒縛りで太郎冠者を演じておられて、場を沸かせてくださいました。
それなのに、最後の番組の高砂で再び雨が……。
こちらも雨をものともしない素晴らしい舞いでしたが、いかんせん周囲のざわつきが邪魔で邪魔で……。

薪能ですからしかたのないことかもしれませんが、もっと環境が整った状態でじっくり見たかった。
機会があれば、次はすすんで見に行ってみようと思った次第です。

こんな記事も読まれています。



Comments are closed.


今日: 昨日:
  • カレンダー

    2017年6月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • コメント

    • 月別投稿

    • メタ情報