クラリネットキャンディ

クラリネット吹きsachiによるクラリネットが好きな人のためのサイト

«
»

ベルリン・フィル8 重奏

行ってきました、ベルリン・フィル8重奏団のコンサート。
席は単独で購入したのですが、驚いたことに、高校時代のクラリネットの師匠ご一家がお隣の席でした。
奇遇に驚きながらも、楽しいコンサートのひとときを過ごさせて頂きました。

 

コンサート自体は、もう、圧巻の一言で。
5重奏版のティルオイレンをいとも簡単に、そして小気味よくアンサンブルしたかと思えば、続くシューマンでは息をのむような美しいハーモニーと哀愁を格調高く響かせ、前半のプログラムはあっという間に過ぎていきました。
そして何よりもすばらしかったのが、シューベルトの8重奏で。
約1時間にわたる大作を少しの隙もなく、柔らかさと軽妙さと激しさと陰鬱を、実にバランス良く聴衆を飽きさせることなく、一気に聴かせてくれました。
クラリネットのフックス氏の音色も、相変わらずすばらしく。
天候がいまいちだったせいか、しきりとリードの具合を気にされていたようですが、音色は何処までも柔軟性に富み、表情豊かに楽器を操る技術はうっとりするほどでした。

次の鑑賞予定は歌舞伎が先かな。
福岡で予定のパリ管と、当地で予定されているSt.ペテルブルグもチケットが取れれば行く予定です。
チケットが取れるものなら、広島にやってくる予定のウィーンフィルにも行きたいんですがね。

こんな記事も読まれています。



Comments are closed.


今日: 昨日:
  • カレンダー

    2017年7月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • コメント

    • 月別投稿

    • メタ情報